PM2.5はどんなものだ

PM2.5はどんなものだ?

 

PM2.5とは?

 

PM2.5とは、大気中に浮遊する直径が2.5μm(マイクロメートル)未満の小さな粒子を指します。「微小粒子状物質」としても知られ、長い間空気中に浮遊することができます。空気中の濃度が高いほど、大気汚染が深刻になります。PM2.5は地球の大気中の小さな成分にすぎませんが、空気の質や視認性などに重要な影響を与えます。比較的に太い大気粒子状物質に比べて、PM 2.5粒はサイズが小さく、面積が大きく、活性が強く、有毒、有害物質(例えば重金属、微生物など)が付着しやすく、また大気中の滞留時間が長く、輸送距離が遠く、人体の健康と大気環境の質に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

 

 

 

PM 2.5を予防する理由

 

PM 2.5粒は心血管疾患を引き起こしやすく、心臓病、動脈硬化、心脳血管疾患を引き起こします。これらの粒子状物質は心臓の鼓動をより速くし、人々に息苦しさを感じさせます。特に老人に対して危害がもっと大きいです。その中の50%は肺に堆積して、肺の硬化、肺癌などの疾病を誘発して、人体の健康に対して極めて大きい脅しをもたらします。これらの肺に入ることができる粒子の中で、有害物質の多環芳香族炭化水素などの化合物、1種の発ガン物質で、肺癌を育成する一番のキラーです。喘息や慢性気管支炎などの呼吸器疾患を起こします。PM 2.5粒の直径は0.1ミクロン以下の粒子で、これらの粒子状物質は人体呼吸を通じて呼吸道に入り、肺に残して血液に入り、気管炎、喘息などの呼吸器疾患を誘発し、喘息と持病の繰り返し発作の重要な原因でもあります。

PM2.5濃度が暫定ガイドライン値(1日平均70μg/ m3)を超える場合は、できるだけ外気を吸入しないことをお勧めします。専用ウェブサイトやニュースでお住まいの地域のPM2.5濃度を確認できます。自治体からの警告があった場合は、屋外での使用には十分ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

PM2.5吸入を減らす方法

 

空気の質が悪いときに外出する場合は、屋外に長時間滞在したり、激しい運動をしたりしないでください。マスクを着用するとPM2.5の吸入を減らすことができますが、一般的なマスク(例えばインフルエンザや花粉症の防止に使用される不織布など)は効果的に予防できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微粒子の捕集効率が高く、高性能の医療用・産業用防じんマスクが手に入るなら、それを使うことをお勧めします。高性能防塵マスクとしては、米国規格「N95」以上の製品、または日本の「労働安全衛生法」「DS1」以上の国家試験に適合した製品の選択を推奨します。また、顔の形状に合ったマスクを選び、着用して空気漏れを防ぐことも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

PM 2.5マスクは普通使い捨てのマスクです。二回以上使わないようにしてください。

 

 チャンピオン 大人用 マスク子供用 多機能マスク

 

 LV 風邪予防 花粉対策 Dior ファッションマスク

 

 

 

 





前へ: 夏用におすすめのマスク3選!暑い季節も涼しく快適に使用できる

次へ: ない

© 2019-2020 salvemask.com All Rights Reserved.